ベンチャー企業の社内SEが向いてるのはこんなエンジニア

ベンチャー企業の社内SEとして働く

e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_s

自社の情報システムの管理運用を担当する仕事が社内SEです。同じ社内SEでも大手とベンチャーには仕事内容に大きな違いがあります。大手企業の社内SEはシステム運用の専門家と仕手の役割を求められますが、規模が小さく社員の少ないベンチャー企業の社内SEはシステム運用だけでなくITに関する広範囲の仕事を担う何でも屋としての役割を求められます。

ベンチャー企業の社内SEは楽な仕事ではありませんが、若い企業ならではの活気ある職場での仕事はやりがいと満足感を感じられることでしょう。

システム管理が基本の仕事

ベンチャー企業の社内SEはシステムの管理運用が基本の仕事です。ITエンジニアとしての標準的なスキルが有れば勤まる仕事ではありますがベンチャー企業では社員の数が少なく、社内SEが一人しかいないことも少なくありません。

たった一人の社内SEとして大きな責任を担う必要がありますが、上司や部下に気を使うことなくのびのびと仕事ができるので人間関係で余計な気苦労をしたくない人には向いている職場環境です。

IT関連の相談は全て社内SEに回ってくる

ベンチャー企業では社内SE以外にIT知識を持っている社員がいないということもよくみられます。そのような会社ではシステム運用管理以外のIT関連の相談や仕事が全て社内SEに回ってくる可能性があります。

IT製品やサービスの導入や保守点検、コンピューターの設置や接続に関する相談、システムトラブルへの対処やネットワーク構築など本来社内SEの業務範囲には含まれない雑用に近い仕事出会ってもIT関連の仕事は社内SEが担当するのは人手が少ないベンチャーならではです。SEに限らず幅広いITエンジニア知識が求められますがそれほど高度な知識は必要ありません。

求められるのは基本的な能力であり、高度なスキルや知識が必要な仕事に関しては外注に回すなど対処法があるので大きな問題にはなりません。

必要とされる喜び

社内SEはあまり表に出ないどちらかと言えば裏方の仕事です。会社の規模が大きくなるほど裏方間は強くなりますが、反対にベンチャー企業ではIT関連の仕事を行ってに担当することになるとても重要で目立つポジションです。

求められれば社内のあらゆる部署に出向いてIT関連の相談に乗り、時にはシステムの接続やネットワークの構築などの実務もこなす社内SEはトラブルが起きがちなベンチャー企業の運営に無くてはならない存在です。多くの社員から必要とされ感謝される喜びは大手企業でITエンジニアとして働いていては感じられない貴重なものです。

ベンチャー企業の社内SEに転職する

fb5dcd31ff82d5ac662cc387dea2b1b4_s

ベンチャー企業による社内SE需要は高く、求人もたくさん出されています。優秀なITエンジニアであればベンチャー企業からの社内SEへの転職難易度は高くありません。大手では経験できないやりがいも感じられますし、さらなるステップアップにつながるキャリア形成も実現します。

年収よりも成果報酬

ベンチャー企業からの社内SEは年収はそれほど高くありません。立ち上げ間もないベンチャーでは人件費にお金を掛ける余裕がなく、優先度の低い社内SEの年収水準は低めです。

しかし、ベンチャー企業では社員に対し株式の優先購入権などの成果報酬が設定されていることが多く、会社が成長すれば大きなリターンが期待できます。社内SEとして懸命に働き株式の上場に成功すれば数千万円単位の報酬も夢ではありません。

ベンチャーを渡り歩く

ベンチャー企業での社内SEの仕事は大手とは大きく異なります。なんでもこなせるゼネラリストとして働けるITエンジニアは多くありません。ベンチャー企業で社内SEとして働いた経験のあるITエンジニアなら転職を重ねてステップアップにつなげることができるでしょう。

ベンチャーからの求人を中心に転職を重ねキャリアを積み重ねれば、ITエンジニアとしてライバルたちとの差別化が図れます。ベンチャーを渡り歩くプロの社内SEとして実績を修めれば年齢を区にすることなくいつまでも現役で働き続けることができるでしょう。

こちらのコラムも人気です!