新卒でエンジニアになるなら、開発?インフラ?

若手ITエンジニアに求められる力

a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

ITエンジニアとして大成したいのであれば、20代前半などの若いうちにしっかりとITの全般的な技術を学んでおく必要があります。しっかりとした土台となる知識をまずは築くことにより、そこに上乗せする形で専門的な技術を学んでいくことができます。専門的な技術を身に着けることにより、20代後半などのある程度キャリアを積んだ段階で、年収などをアップさせる形で転職することが可能になります。

また、広い範囲の知識を持っていることにより、さまざまな求人に対応することも可能になり、応募できる求人の間口を広げることもできます。ITエンジニアなどで転職を通じて、高年収のエンジニアとして、ステップアップしていきたいなら、専門的な技術を身に着けることは非常に大切です。

ITエンジニアには開発系・インフラ系の2つがある

a4eee7115a39c437e76d113e8853f7e1_s

さて、ここで一つ知っておきたいことですが、ITエンジニアには開発系と呼ばれるタイプとインフラ系と呼ばれるタイプの2つの職種があります。開発系のITエンジニアというのはその名の通りアプリケーションなどを開発するという仕事になります。いわゆるプログラミング知識を用いて、プログラムを書いていくプログラマーの仕事になります。

一方、もう一つインフラ系と呼ばれるITエンジニアも存在します。こちらはOSの設定をする、導入したハードウェアの初期設定を行う、ネットワークの設計、バックアップや耐障害性を高める設計を行うといったような仕事を担当します。

こちらのインフラ系とよばれるエンジニアはプログラムを書くプログラマーというよりもSEといったほうが適切な仕事内容になります。また、このインフラ系のSEの仕事はハードウェア、OS、ネットワーク、データベースといった形で非常に広い分野に渡るという特徴があります。

さて、新卒でITエンジニアになる場合、開発系のITエンジニアとインフラ系のITエンジニアのどちらを目指すほうが良いのでしょうか。先ほど上記の文章では若手ITエンジニアは基礎となるIT全般についての知識を幅広く学んでおくことにより、後々専門性を身に着けやすくなるという話をしました。それを考えると幅広い知識を身に着けるためにはインフラ系のITエンジニアを目指したほうがいいような気もします。

ただ、現在のIT業界ではかなり変容を遂げていますが、昔のIT業界では開発系のITエンジニア、つまりプログラマーの仕事を数年経験した後、インフラ系といったようなSEの仕事を担当する立場になっていくというキャリアが一般的でした。これには理由があります。

インフラ系といったようなSEの仕事においては顧客と折衝を行うのもそうですが、同時に自分たちが導入するシステム基盤の上できちんとアプリケーションを動かしてもらうために、開発系の人間とも話をしながら作業を進めていく必要があります。

ただ、このような開発系のプログラマーと話すときにしっかりとしたプログラミング経験がないと、なかなか意思疎通を図ることが困難になります。また、インフラ系のSEでもWindowsのコマンドを使ったバッチファイル、Unixのコマンドを使ったシェルスクリプトといった簡単なプログラムのようなものを作る必要がある場面もあります。

このような場合にプログラミングの経験が無いと大変苦労することになります。大学でコンピュータ系の学科などを卒業しており、十分なプログラミング経験がある場合は一概に言えませんが、十分なプログラミング経験が無いという認識がある新卒のIT業界への就職希望者であれば、最初は開発系の現場を希望することをおすすめします。

インフラ基盤の上で動作するプログラムの知識をしっかりと身に着けてからのほうが、システム基盤についての理解も進みやすくなります。したがって、新卒の場合はまず開発系のITエンジニアとしてキャリアをスタートさせてみることをおすすめします。

こちらのコラムも人気です!