もう疲れた!!そんなときに考えてみる「社内SE」という道

現場から抜け出したい!

3c618a26a0b5b481cbd283649ef4a0f5_s

ストレスが高まる現場作業

色々な現場がありますが、納期に追われ新しい技術が求められ人間関係がよろしくない、といったところで働いていると精神が磨耗していくものです。他人の書いたコードが滅茶苦茶だとストレスが溜まり残業が続き肉体的にも疲れていきます。

また、IT業界は技術革新も早く今までのコードの書き方が否定される場面も出てくるでしょう。こうした日々が続くとITエンジニアとしてこれからもやっていけるのか、と不安になるかもしれません。そんなときに社内SEという道について考えてみる価値は十分にあります。

ストレスが少ない環境

社内SEは基本的に社内の人間を相手にするためプレッシャーを感じる度合いは現場とは段違いに楽です。もちろん前提として人間関係が破綻していないことが条件ですが、顔見知りのサポートをするわけですからそうそう心が軋む音を聞かなくて済みます。多少ミスをしたとしても激しい叱責を受けることは無いでしょう。身内相手に仕事をする、というこの条件だけでも救われるものです。

社内SEの業務

現場でのSEは設計や仕様書の策定を行いますが、社内SEはサーバーの管理や業務システムの管理を主な仕事としています。サーバーやシステムへの理解が足りないと難しい職業と言えるでしょう。それまで異なる領域で仕事をしていた場合には反対に大変な仕事となってしまう恐れもあるのです。転職を考える際には事前にその会社の社内SEがどういった仕事をしているか調査をした方が良いでしょう。

社内SEの仕事は現場によって異なる

9cbd5428919c02dbb6d05b837c1bb8da_s

通常のSE業務を兼任するところもある

ただこの社内SEというのはあくまでもSEなので通常のSEとして活動することも考えられます。特にIT系の企業で専門分化が進んでいない組織の場合「社内SEもやるSE」として仕事をすることになってしまうかもしれません。そうなると元の木阿弥なので転職した意味がなくなります。もし求人情報を参照して社内SEとして転職するのであれば注意する必要があるでしょう。

ITを積極的に利用している企業

会社の業務にシステムを使用しているところは社内SEとしてそれを管理する事になる可能性があります。もし利用しているシステムが複数あったり、多くのサーバーを立ち上げて運用しているなら業務は激しいものとなるかもしれません。ただこうした業務を行う社内SEの年収は良いものとなるでしょう。他に代えの効かない人材として重宝されますが、仕事の量は多いものとなります。

ITにあまり通じていない企業

こうした企業ではヘルプデスクが主な仕事となります。業務にシステムらしいシステムを使っていなければ社内SEというよりヘルプデスクという役職になるかもしれません。こうした企業の求人に応募し晴れて入ることができたらとても楽に仕事ができるでしょう。

それまでに蓄えた知識でトラブルは十分に解決できるはずですし、分からない事でも少し調べれば解決可能なはずです。つまるところ、こうした社内SEこそ疲れきったITエンジニアが目指すべき道と言えるかもしれません。

デメリットも少しある

社内のヘルプデスクになることはデメリットを含んでもいます。年収は低めですし、ITエンジニアとしてのキャリアがどうなるかも分かりません。将来性と言うことを考えたら不利と言うことができるでしょう。

メリットは豊富

それに対してメリットはたくさんあります。もしヘルプデスクに対応時間が設定されていたなら残業をすることはありません。また、年収は低めと言っても生活するのに十分な額を貰うことはできるはずです。適度な収入と豊富な自由時間は生活を豊かなものにしてくれるでしょう。ITエンジニアとして仕事一本で生きるには社内SEは相応しいとは言えません。

ですが余裕を持った人生を送る事が仕事より重要だと考えるなら素晴らしい職業となるでしょう。社内での人間関係を良いものにできればトラブルを解決できる頼れる人物と慕われ快適な仕事環境となるはずです。

こちらのコラムも人気です!