その会社大丈夫?社内SEを大切にしない会社によく見られる特徴

社内SEを大切にしない会社

9177e1832b93eab273c15c7adc805f82_s

IT技術が普及するに連れて社内SEを雇用する会社は増えています。同じ社内SEという肩書でも実際の業務内容については会社によって大きな違いがあります。誇りを持って働いている社内SEは多くいますが、反対に会社からあまり大切にされていない社内SEも少なからず存在します。社内SEを大切にしない会社にはどのような特徴があるのでしょうか。

ITに対する理解が低い

IT技術やITエンジニアに対する理解が低い会社で働く社内SEは肩身の狭い思いをしているケースが少なくありません。本来社内SEは社内のシステム管理やIT環境の整備<IT導入によるコスト削減など広くIT関連の仕事を担当しますが、会社のITに対する理解度が低いと社内SEはのしごとは非常にやりづらくなってしまいます。

無知で起こるコンピュータトラブルの尻拭いや雑に扱ったことが原因の故障対応、操作の仕方がわからないといったサポートまで本来社内SEが出るべきほどの問題では無いのになにかトラブルが起きるたびに駆りだされ、無事問題を解決しても感謝の言葉をかけられるどころかトラブルのせいで仕事が遅れたと文句を言われることもあります。

特に老舗のワンマン企業では古いタイプの社長がITを理解できず、社員は社内SEに感謝しているのに上層部から仕事をしていないお荷物のように扱割れるケースもあります。いくら給料が高くてもITに対する理解が低い会社では社内SEとして気持よく働くことはできません。

過大な期待をされる

社内SEの存在を軽んじられるのは問題ですが、過大な期待をされるのも問題です。ITエンジニアはITの専門家ではありますが、全てのITの専門家では技術に長じているわけではないので解決できるトラブルと対処できないトラブルが有るのが当たり前です。

ITに詳しくないひとほど社内SEをスーパーマンか何かと勘違いしているのか、頼めばあらゆるITトラブルを即座に解決してくれると思いがちです。トラブルを解決して当たり前、解決できなければ専門家なのになんでこんなトラブルも解決できないの!と語気を荒らげて八つ当たりに近いクレームを付けられてしまいます。

期待されるのは悪いことではありませんが、本来の業務を超えた範囲まで期待されては困ります。社内SEに過大な期待をしていろいろなトラブルを押し付けてくる会社ほど給料が安い、というのはITエンジニアなら必ず賛同してくれる社内SEあるあるです。

求人情報から社内SEの扱いを見抜く

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

社内SEを会社がどのように見ているのかは求人情報からある程度読み取ることができます。求人に応募するときはおかしな扱いをしそうな会社は避け、社内SEの仕事を正しく理解してくれる会社に応募しましょう。

年収が相場から離れた会社には注意

相場から大きく離れた年収を提示している求人には注意しましょう。年収が明らかに低い会社を避けるのは当然ですが、高過ぎる年収にも注意が必要です。社内SEを高い年収で募集する会社は社内SEの仕事に対する理解が低いがために高年収を提示しているという疑いがあります。

入社したら社内SEの手には負えないほど高度な業務を任される可能性が高く、過大な期待の中で働くことになりかねません。やりがいのある職場への転職を目指すなら、社内SEとして正当に評価してくれる相場を踏まえた求人を出している会社を選びましょう。

業務内容が不明瞭

業務内容が不明瞭な求人に応募して転職しまうと、採用後に考えていたのと違う仕事を要求される可能性があります。会社が社内SEに何を求めるのかがはっきりしていれば求人にもきちんと業務内容を記載するはずです。

業務内容が不明瞭ということは会社が社内SEをよく理解していないか、社内SEという名目で別の仕事をさせようと考えているかのどちらかです。どちらにせよITエンジニアにとっては魅力的な職場ではなくキャリア形成にも繋がりません。面接で訪ねても業務について曖昧な答えしか帰ってこないようなら転職は見合わせたほうが安全です。

こちらのコラムも人気です!