何故落ちる?30代のITエンジニア転職でのチェックポイント

数字でのアピールは弱くないか

ITエンジニア転職で求められるのは、まず間違いなく実績です。こういうスキルがあるとだけ言われてもなかなか信用できないものですが、こういうことを何日で出来たと言われると、だいたいのスキルのイメージが付きます。だから、そういう実績をアピールしていくことは、イコールでスキルの強いアピールになり、印象がよくなるのです。

ITエンジニアとして採用するのにスキルがなかったら話になりませんから、このアピールはすごく大切です。そして、年齢を重ねれば重ねるほどその求められるハードルやレベルというのは高くなっていくと言えるでしょう。30代ともなろうものなら、即戦力でないとやはり採用されづらいです。

ということは、30代で転職を叶えたいのであれば、SEとしてこんなシステムを何人位のチームでこれくらいの時間をかけて開発して、自分はそこでどんな役割をしていて、そのシステムは何人くらいの人に使われていたかということなどを細かく説明していかないとならないということになります。

30代でITエンジニア転職がなかなか上手くいかないという方は、ここでの部分でのアピールが弱いことがすごく多いです。

大切なことは説明に数字を混ぜること

ここの部分の説明時に大切なことは、数字を用いて説明をするということです。数字を用いると、一気に話が具体的になり、聞き手にイメージを持たせやすくなります。

たとえば、ただただこんなスキルを使ってこんなシステムを作ったと言われるよりも、そういうシステムを2時間で作ったと言われた方が、スキルのイメージは遥に具体的になりませんか?数字の持つイメージは、誰にも等しいものなので、よりはっきりとイメージが伝わるようになるのです。上手く数字を用いて説明できるように文面を考えてみてください。

行動に説得力があるかどうかもチェック

30代の転職では、行動に説得力があるかどうかということもすごく大切なことになります。たとえば、ITエンジニアにもいろいろありますから、プログラマーからSEになりたいと思って転職しようとする人もいるでしょう。でもそうして未経験の新しいことにチャレンジをする際、30代という年齢の場合は、そのために何をしているのかということが評価されるのです。

ただただ受け身で、転職したら仕事を教えてもらい、それでスキルを身につけようと思っているような人は必要ないと思われてしまうのです。だから採用されなくなります。

しかしこれが、そうして未経験のことにチャレンジするのだから、日々コツコツと勉強を続け、独学でこんなプログラミングをしたという風に、発表出来る成果があれば、その転職には説得力をもたせられます。だから、採用される可能性も高くなるでしょう。もし中々転職が決まらないという30代の方がいたら、今一度自分の行動に説得力があるかどうかを考えてみてください。

説得力は後からつけることも出来る

説得力は後からつけることだってできます。例えば今の仕事では正当にスキルが評価されず、年収が低いから転職したいと思ったということを転職の面接で述べたとします。その場合、まず今いるところで年収をアップできるように努めたのかどうかというところで、説得力が変わってきます。

もし今までソレをしていなかったのであれば、今からでもしてみれば良いのです。たとえば資格を取ってみるとか、自分が持っているこんなスキルを活かせないか上司に日々提案してみるとか、そういう具体的な努力をするのです。

そうして努力しても年収が上がらないのであれば、その時にはそれが正当に評価されるところへ転職したいと思うのが普通だと思ってもらえるでしょう。それなしにただただ転職しようとしているのであれば、たとえ採用したとしてもまたすぐに何処かへ転職されてしまうのではないかと思われてしまうでしょう。それでは採用されるはずもありません。

こちらのコラムも人気です!