未経験からSEは目指せる?キャリアプランの基礎の基礎とは

第二新卒レベルなら未経験でもSEに

ITエンジニアの中でも強い需要があるのがSE経験者です。SEとはシステムエンジニアの略称で、顧客の要望からシステムを定義し設計を行うのが主な仕事となっています。企業内SEという、社員や経営者の要望に応えてシステムの改善や新たなソフトなどの導入を行う仕事を行うケースもあります。

プログラマーのように実際のプログラミングを行うケースもありますが、実際には要望とシステムの擦り合わせや設計を行うのが主な仕事で非常に高度なスキルが求められます。能力の高いSEは常に不足気味なため、完全な売り手市場と言われているのです。

プログラマーの需要も強いものの、年収アップやキャリアアップを目指すのであればSEの方が有利となります。大切なのはどのようにSEになるかです。設計や仕様の情報は学校などでも学べますが、現場でなければ学べないことも多く実務経験が重視されます。未経験でも第二新卒レベルでも未経験でチャレンジ可能な場合もあるのです。

一方で、年齢が上がるにつれ要求されるハードルも高くなります。例えばプログラミングの基礎などが出来ていないと、教育に時間がかかるためわざわざ高い年齢層の人間を採用する必要がなくなるからです。ITエンジニアとしてキャリアを積んでいくためには明確なキャリアプランを構築する必要があり、必要に応じて転職やセミナーに通うなど自己投資をしないと市場から評価されなくなってしまう場合もあるのです。

実践的に学べる場や、先端分野を扱う会社に転職してITエンジニアとしての価値を向上させることが重要になります。スキルが伴わなければ選択肢が少なくなるため、キャリアチェンジも含めてよりシビアに考えていく必要があるのです。

転職は大企業が正解とは限らない

ITエンジニアとしてキャリアを積むのであれば、外資系を含む有名企業や大企業が良いのではと思われがちです。給与や待遇面で良い部分はあるものの、入社のためのハードルが非常に高いことには理解が必要です。転職先を大企業ばかりに絞っても、競争が激しければ落ち続けてしまう可能性もあるのです。

人材に厚みがある場合も少なくないため、採用者自体が出ないということもあり得ます。年収アップや自分のスキルアップだけでなく、企業側のニーズにしっかりと答えられるかが重要なのです。中小企業でも待遇がしっかりしている企業や、独自の技術を持っているケースもあります。

まずはSEの転職に必要な上流工程に関わる経験や、独自のスキルを磨くために複数の企業を経由した方が良いケースもあるのです。また、SEとしてのキャリアにこだわるよりも、プログラミングの技術などを評価してくれる企業への転職を目指す方法もあります。

SEは年収面で好待遇になる場合が多いものの、適正がはっきり分かれる面もあります。プロジェクトの管理などで社内のリソースをしっかり把握し、現実的なラインに落とし込むことを求められるケースも多いのです。人間関係の調整などが必要になるケースもあるため、部下などの人員管理のスキルも求められます。

管理職としての能力よりも、技術的なノウハウなどを学ぶことに喜びを見出す人材も存在するため、自分の理想像がどこにあるかもしっかりと考える必要があるのです。理想像がわかれば、年収よりもやりがいや働きやすさを求めるなど、マッチング率重視で転職が出来るようになります。

年収だけでなく長期で継続が可能か、自分を活かせるかは非常に重要なポイントになります。スキルを身につけた上で改めて、自分の腕を正当に評価してくれる企業を探すのも方法で、大企業を選ぶにしてもあくまで選択肢の一つにした方が良いのです。

こちらのコラムも人気です!