社内SEO特有の面接・書類選考での注意点一覧

仕事の安定性等に期待するとマイナスイメージになる事も

01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s

ITエンジニアでも社内SEは安定したイメージがある仕事です。これは開発系の仕事の場合はクライアントの要望などをヒアリングしながら予算や納期を調整しなければいけないからです。リソースが足りないことから現場に負担が回ることは珍しくなく、ITエンジニアがブラックだと思われる原因の一つになっています。

一方で、社内SEの場合は社内の仕事だけをしていればよいため、外部との関わりが少ないように思われがちです。これが大きな間違いになる事もあるのです。社内SE特有の面接で挙げられるのが、社内でのコミュニケーションをしっかりとれるのか、また、意欲的なシステムの改善が行えるかといった点です。

社内SEはただ言われたことをやればよい訳ではなく、企業内で働く人間の要望をくみ取りながらシステムを実装することや、ベンダーへ橋渡しをすることが求められるのです。ある程度のマネジメントスキルが求められる場合や、費用対効果の算出と言った仕事が付随する場合もあります。

企業規模によって社内SE求人に求めるポイントが大きく異なるため、面接の時点でミスマッチが発覚すれば落とされる原因となってしまうのです。特に企業規模とシステムの規模は一致しないことが多く、ITエンジニアの数も大きく変わってきます。ほとんどのシステムが外部の物であり、そのすり合わせをするスキルが必要となる場合もあるのです。

トラブルが発生した場合は休日出勤が可能かどうかなど、責任の範囲も大きく異なることがあるためしっかりと確認しておきたいポイントになっているのです。社内SEになれば過密スケジュール等から解放されるとは限らず、磨けるスキルにも幅が出てくるため、しっかりと確認をするのが基本になるのです。

書類選考の時点でも注意が必要に

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

面接だけではなく、書類選考の時点で社内SEに対する認識が問われることも多いものです。前述のように社内SEと一言で言っても企業規模やシステムによって業務内容が大きく異なり、非常に高い能力が求められることもあるからです。開発のキャリアや上流工程の経験は活かしやすいポイントですが、ただ経験を書くだけではインパクトに欠けます。

競争倍率にもよるものの、同じく上流工程の経験などをしている人は珍しくないのです。実績やポートフォリオの提示の方がより具体的であり、転職や年収の交渉にも繋げやすくなります。逆に経験が不足している場合は直接的な年収増よりも将来性を含めてキャリアを積むことが大切になるため、社内の評価制度やキャリアパスが整っているかが重要になってきます。

転職のポイントになるのがITエンジニア向けの転職サイトやエージェントサービスの活用です。プロフィールの登録やキャリアカウンセラーとの面接で書類選考をある程度省略できることもあるからです。エントリーシートなどから作成すれば手間になる事が多いため、登録サイトを増やしてヘッドハンティングを待つのも一つの方法です。

求人に応募する際は志望動機にも注意が必要になります。前述のように安定性などを目指して社内SEを目指しても、ミスマッチやギャップに悩むケースが出てきます。書類選考の時点で弾かれる原因ともなるため、前の職場での業務改善に関するエピソードを挙げるなど効率化に関する意欲をにじませ、攻める姿勢を示した方がプラスになりやすいのです。

企業は業務の効率化のために社内SEを雇用すると言うことを理解し、そのニーズに合った志望動機をまとめ上げるとさらにプラスになります。企業の特色や魅力を交えつつ、将来のビジョンを提示することも大切なポイントなのです。

こちらのコラムも人気です!