後悔しない道はここ!ITエンジニア転職での転職先の選び方

社内SEを欲しがる企業を狙う

ITエンジニアを採用する企業にもいろいろなところがありますが、一番多いのはやはりITエンジニアを派遣するような企業なのではないでしょうか?あるいは、その企業自体がどこかの下請けになっているような企業であることも多いです。

ただ、こういう企業でITエンジニアとして働いていると、必ずと言っていいほどある問題に出くわします。それが、給料が安すぎるということや、業務量あるいは業務内容に無茶が多いということです。ITエンジニアを派遣する企業も言うなれば下請け企業と言えますから、先に挙げてきたどちらのパターンだとしても、下請けという立場になるでしょう。

下請けという立場である以上、何処かに搾取されるのは当然のことです。だから、給料は安くなりがちですし、無茶な仕事も多くなるのです。下請け企業のそうした性質というのは、多少業績が良いようなところへ移ったとしても変わることはないでしょう。

残業は多く、そのくせに給料は安いというそのライフスタイル自体はずっと変わらないと言えます。せっかく転職してもそういう状態から逃れられないのであれば、その苦労も徒労に終わります。しかしもし社内SEを欲しがる企業に転職すれば、そんなこともなくなるでしょう。

社内の事なので搾取されることがない

社内SEは、社内での仕事になります。つまり、その会社がその人に給料を払うということです。ということは当然、まずその時点で会社に搾取をされるということはなくなるでしょう。そして、社内SEを必要としているような企業は、下請け企業ではないことも多いです。

だから、そもそものその企業の収入自体も、何処かに搾取されるということはなくなるのです。そうしていろいろな搾取がなくなれば、当然自分のスキルや仕事内容に対しての正当な報酬が得られる可能性は高くなります。

もちろん仕事内容的にも無茶な要望はなくなり、より余裕をもって働けるようになる可能性は高いです。年収も上がり、スキルも活かせてかつ余裕も持てるのですから、それ以上の転職先はないのではないでしょうか?

近しい異業種を狙って転職する

転職で一番失敗する確率が高いのは、転職のしやすさを重視しすぎて、同業種同職種を選んでしまうことでしょう。ITエンジニアの転職理由で多いのは、給料が少ないとか、残業が多すぎてツラいとか、そういうことでしょう。

それは業界も同じ、職種も同じである場合そうそう改善されることでもありませんし、もしそれらが改善されたとしても、結果的にやっていることは同じこと。あるいはかなり似ていることになるので、満足度は低いと言えるでしょう。

でも、当然全く違う業界の全く違う職種の仕事をしようとしても、そうそう簡単には転職できないはずです。年収が下がるとかそういうことうんぬんの前に、そもそも転職自体が上手くいかない可能性が高いのです。だからそれもよくありません。

ここで正解となるのは、異業種同職種を選ぶことです。たとえばWEB業界のITエンジニアを目指したりすればよいのです。そうすれば業界が違うので多少仕事も違いますし、同じITエンジニアでも新鮮さを持って仕事が出来るはずです。

そして業界が変われば、当然業界の体質も変わるので、給料が安すぎたり、残業が多すぎたりということもなくなる可能性は高いです。異業種で社内SEを募集しているところをみつけることが出来たら、それが一番でしょう。

同職種であれば異業種でもそこまで壁は高くない

これが、異職種だったら、やはり転職の壁は高いと言えるでしょう。でも、異業種くらいであれば、実はあまり問題なく転職できたりするのです。実際に、転職をしている人で異業種同職種に道を決める人はすごく多いです。

こちらのコラムも人気です!