30歳で上流工程の経験がないと転職できないって本当?

上流工程の経験がないと転職は厳しい

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

30歳で上流工程の経験がないと、転職はかなり厳しくなります。これはSEを含めたITエンジニアの求人の多くが、上流工程の経験者を求めるからです。20代であれば積極的にチャレンジする機会が与えられることも多く転職の幅は広くなりますが、30代になってしまうと企業はより強く即戦力を求めるようになります。

年齢から逆算してキャリアを構築するのが難しいため、どうしても条件が厳しくなるのです。また、企業自体が成長過程であり、プロジェクトマネージャーなどの上流工程の人材自体が足りていないケースも多くあります。優秀なSEや上流工程経験者はどの企業も欲しい存在であり、未経験であれば若い年齢層の人間で代用できてしまうのです。

また、IT業界では下請け業者が積極的に活動することも珍しくないため、無闇に人を雇うよりもアウトソーシングの方が安上がりな事もあります。コスト競争が厳しいからこそ、30代で上流工程未経験では仕事の幅が非常に狭くなるのです。

もちろん、社内SEなどで仕事を探すことは不可能ではなく、サブマネージャーなど比較的上流工程に近い所で作業をしていた場合などは新たなキャリアに繋がる場合もあります。

しかし、新たにキャリアアップにつなげられる可能性は低いと十分理解した上で、早めに上流工程にチャレンジすることが重要になるのです。上流工程で仕事をした経験が年収や待遇に大きく関わることがあるため、積極的にチャレンジすることが重要です。

無目的に転職を繰り返してもキャリアに繋がらないことが多い

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

ITエンジニアの世界は技術の流行り廃りが早く、同じ会社でも急激に経営状況が上向くことや、一気に傾くこともあります。そのため、表面的な年収などにつられて就職や転職を繰り返しても、次のキャリアに繋がらないことが多いのです。

とくに会社自体がITエンジニアを育成する意識が低い場合は、社内の評価制度やキャリアプランを明示する意識に乏しく、出世や昇給に不明瞭な部分が出てきやすくなっています。場合によっては便利な技術屋として使われて、キャリア上のプラスにならないだけでなく、年収も頭打ちになってしまう場合もあるのです。企業の経営が安定していれば、そこで満足するのも一つの方法ですが、向上心が無ければ次のステップに進むは難しくなります。

また、万が一会社が傾いた際の次の仕事が見つけづらくなるのです。とくに、年齢が上がるほど求人におけるスキルや経験の割合は増していきます。30代では上流工程の経験が基本になるだけでなく、さらに年齢が上がればプロジェクトマネージャーの経験や、具体的な成果が求められるようになります。

また、経験やスキルが無くても受け入れる求人には、同じ苦境に居るに人間が集中的に応募するようになります。自分より経歴やスキルが上の人間や、同等レベルの人間と競争して勝ち残る必要があるのです。正社員自体が厳しくなることもありえるため、非正規雇用でなければ仕事が見つからなくなる可能性もあります。

状況が厳しいのであれば、フリーで働くことやリモートワークで人材を募集している企業を探した方が楽になる事もあります。地域柄も存在するため、求人を探す場所によっても状況が変わってくることがあるため、複数の転職サイトやITエンジニア向けの求人サイトに登録してニーズを見極めることも重要です。

可能であれば30代までに上流工程を経験し、選択肢を増やしておけば、何かあってもまた転職すると言う選択肢が広がります。ITエンジニアは技術の競争が激しいからこそ、適性の有り無しも含めて、早めにキャリアアップに挑むことがプラスになるのです。

こちらのコラムも人気です!