難しくないITの世界を見てみよう ITエンジニア

ITエンジニアの特徴

8c37a5545ca6b0f7906c55aa2e1846e1_s

ITエンジニアとはIT(情報技術)を専門としている技術者のことで、ひとくくりした専門分野をまとめてITエンジニアと呼ばれています。有名な職種では、ITコンサルタント ・プロジェクトマネージャー・ITスペシャリスト などをITエンジニアと指していて、さらにこのような専門分野に分かれています。

また、最もよく耳にするシステムエンジニア(SE)もITエンジニアに含まれています。システムを作っていく流れで設計や開発などの過程を1人1人が担当していき、そうして今現在に存在している機器が誕生しています。この過程を分かりやすく紹介していきましょう。

ITシステムを完成させるまで

1.お客様からシステム制作を依頼されます。

最初にプロジェクトを組まれて、そのプロジェクトの責任者をプロジェクトマネージャーが引き受けます。予算やプロジェクト内容に合わせてまとめた結果、次にプロジェクト内容に適したITエンジニア達が集められます。

2.プロジェクトを組まれた内容の中心に位置する人がシステムエンジニア(SE)です。

またシステムを完成させるまでがシステムエンジニアの役割です。お客様の要望を細かく再現するために設計と製造に伴うテストなどを指揮している中心と言えます。

3.そしてシステムエンジニアが設計した計画通りに作業していく存在がプログラマです。

プログラマはシステムを構成するプログラミングを作っていく大切な役割を持っています。この一連の流れがあってシステムを完成させます。

ITエンジニアに向いている人

こうした自分が目指すITエンジニアに対してキャリアや資格を取得して仕事に就いています。ITの世界で働いていく中で重要なポイントとしてITに興味がある人が1つの大事なところで、知識や技術に積極性を持ち、システム開発にやりがいを感じて作業していけると思います。

次にコミュニケーション能力に自信を持っている人。チームの間でコミュニケーションを多く取るため、スムーズにプロジェクトに取り組める環境を導ける方はIT世界では重要な人物です。つまり活躍の場が多くそれだけ上を目指せる才能がある可能性を持っています。

ITエンジニアの職業と給料について

6d561157a93b73929e0b2a9ee71f8da2_s

専門分野1つ1つにしっかりとした役割とやりがいがあり、同時に自分自身の能力を活かせる職業では年収に大きく比例されています。ITでは1人1人の年収に差があることが多く、高い人の特徴に触れていきたいと思います。まず所属する企業でスタートが大きく変わってきて、大手やベンチャー企業またはスタートアップ企業に就職している方に年収が高いと言われています。

大手は学歴で求人を求めている会社が多いイメージですが、ベンチャー企業やスタートアップ企業ではスキルを求めて求人している印象があります。学歴やスキルを武器に自分に合った会社を目指していける世界です。

次に専門分野で見ていくとプロジェクトマネージャーが全体で年収が高いとされています。特に20代で年収が高く見られるのがプロジェクトマネージャーの特徴です。スキルを持ち活躍できる方ほど年収が多く見られます。

今の職種に対して転職を考えている方、キャリアアップを目指して自分の才能を活かせる職場を見つけ出せること。将来を見据えてみて今後の計画を創り上げて、転職を考えていくのも大事なポイントだと感じます。

ITの世界では

ITはとても広い世界で自分が思っている以上に深い世界でした。全てを理解していくのは大変ですが、少しずつ知ることで面白さを感じさせられます。初めから理解していくには1つずつ知っていき、その知識に繋がっている次の世界が見えていきます。興味が絶えない深いITの中で誰でも活躍できる可能性を与えてくれる世界観を素敵な職業だと感じました。

こちらのコラムも人気です!