ITエンジニアが転職で成功するために知っておくべき注意点

ITエンジニアと転職

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

ITエンジニア業界は転職が多い業界です。腕一本で仕事ができるITエンジニアは職場に縛られることが少なく、転職でキャリアアップを重ねていく人は少なくありません。しかし、転職が活発だからといって誰もが転職に成功するわけではありません。中には転職でキャリアを重ねるどころか待遇が下がってしまうことも有馬sう。ITエンジニアがよりよい転職をするためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

客観的な評価で自分の価値を確かめる

ITエンジニアが転職に失敗する大きな原因の一つが「自分自身の評価と人材市場における評価のギャップ」です。転職では自分自身の価値を正しく知ることが重要ですが、ITエンジニアとして仕事をしていると客観的な評価さらされる機会が少なく自分自身の考える人材としての価値と客観的に見た人材価値に大きなギャップが生まれてしまうことが少なくありません。

自分自信のことを年収1000万円分の価値がある人材だと思っていても転職市場からの評価が年収500万円だと見積もられてしまえば、あまりのギャップに転職に対する意欲を失ってしまいます。

評価のギャップというのはどの職種においても少なからず存在するものですが、個人主義の風潮が強く残るITエンジニア業界ではギャップが顕著に表れる傾向が見られます。転職活動を始める前に転職診断や人材テストなどを受け、人材としての客観的な評価がどのくらいなのかを知っておくこと重要です。

スキルが人材の価値を左右する

ITエンジニアにはさまざまなスキルが求められます。同じSEでも職場が変われば扱うプログラミング言語もコーディングも変わりますから、SEの求人全てに応募できるわけではありません。身につけたスキルが広く普及している汎用性が高いものであれば選べる求人は増えますが、それだけ転職のライバルも多くなります。

スキルの汎用性が低く特殊であれば転職先候補は絞られますが、ライバルとなる人材は少なく競争率は低くなります。よりよい職場に移るためにスキルアップを目指すという方法もありますし、誰にも真似できないスキルを身につければ積極的に転職活動をしなくても向こうからスカウトの誘いがかかるかもしれません。

スキルはITエンジニアに取って最大の武器でありセールスポイントです。転職に役立つスキルなのか、スキルを生かせる仕事なのかを考慮することが転職成功のポイントです。

年齢も大きなポイント

技術重視のITエンジニア業界ですが、年齢が選考に大きく影響するケースは少なくありません。俗に「ITエンジニアは35歳で成長が終わる」と言われていますが、40歳を超えたITエンジニアは転職難易度が極端に上がってしまいます。

年令を重ねても確かな仕事をするITエンジニアはいくらでもいるのですが、残念なことに年齢で足切りして技術や実績をきちんと評価しない企業が多いのが現実です。ITエンジニアの転職は速いほど選択肢が広がります。将来的なキャリア設計を踏まえ、転職するなら早めに決断してください。

ITエンジニアの転職で評価されるポイント

630c8ab7e9f602a81eca2e2db687ffab_s

ITエンジニアの転職では技術が第一ですが、それ以外にも評価されるポイントはいろいろあります。どのようなポイントが評価されるのかを知り、転職活動を有利に進めましょう。

重視されるコミュニケーション能力

ITエンジニアは一人で黙々と仕事をするイメージを持たれがちですが、実際の現場では周囲と協力しながらプロジェクトの完成を目指します。周囲と強調して仕事ができるコミュニケーション能力がないITエンジニアはどの職場でも歓迎されません。おしゃべりである必要はありませんが、きちんとコミュニケーションが取れるだけのコミュニケーション能力がないと転職できません。

明確なキャリアプランはプラス評価

明確なキャリアプランを示すと、しっかりとした将来設計を考えているとして好印象を与えられます。プランの中に転職によるキャリアアップが含まれていても問題にしない企業も多く、最初から次の職場に移ることを前提に転職採用するケースもよく見られます。あいまいな理由でごまかさず、転職が自分にとってどんな意味を持つのかをしっかりと伝えてください。

こちらのコラムも人気です!