どんな未来が望ましい?ITエンジニアのキャリアプラン

ITエンジニアとしてどんな将来を目指すのか

3c8d147312ada2a220e1a3f1dca17127_s

ITエンジニアを一生の仕事とするのなら、どんな将来を目指すのかを早めに決めなくてはいけません。キャリアプランの設計はどの職業でも重要ですが、移り変わりの速いITエンジニア業界ではうかうかしているとあっという間にキャリアの選択肢が早まってしまいます。

よりよいキャリアを築くにや望ましい未来を具体的にイメージし、目標から逆算してキャリア形成を考える必要があります。自分の能力にふさわしいキャリアプランを設計するためにはどうすればいいのでしょうか。

スペシャリストは通用しにくくなっている

一昔前までは特定の技術に長じたスペシャリストのほうが将来性があるというのがITエンジニア業界の常識でしたが、昨今のIT業界の事情を考えるとスペシャリストが優位であるとはいえなくなっています。

ある特定の技術だけが必要とされるプロジェクトは過去の話で、現在のITプロジェクトは様々な技術を身に付けたSEやエンジニアが集まって目標に向かって仕事をしています。もちろん各スタッフには専門分野の深い知識が求められますが、周囲と連携して仕事を進める以上各方面の技術的知識がなければ質の高い仕事ができません。

専門バカと言われかねないような頑固なスペシャリストは雇う側からすると使いにくい人材です。特定の技術を磨くのは決して間違いではありませんが、これからのIT業界でよりよいキャリアを望むなら幅広い知識とスキルを身に着けていくことがキャリアプランの大前提になります。

現場かマネジメントか

ITエンジニアのキャリアではいつか必ず現場で一技術者として働き続けるのか、それとも管理職になってマネジメント二千年するのかを選ぶ場面がやってきます。実際にはSE業務とマネジメントを兼務する管理職も多いのですが、キャリアプランを設計する上では現場とマネジメントのどちらに軸足を置くのかを早めに決めなくてはいけません。

高い技術力があれば開発現場の最前線で働くエース級のSEとして高待遇の転職も望めますが、条件に年齢制限を設けている求人も多くスカウトの声がかかるほどレベルの高い技術を持たない限りいつまでも転職のチャンスがあるわけではありません。

マネジメント業務は年令を重ねるほど経験も人脈も増えるため有利になりますが、マネジメント力はITエンジニアとして求められる技術力は全く別のものなのでよりよいキャリアを目指すなら早めにマネジメントスキルの習得を目指す必要があります。

いつまでも現場で働きたいのか、それともマネジメント業務で人を使う立場になるのか。キャリアプランの中ではとても重要な意味を持つ選択なのでじっくりと考えたうえで決断してください。

キャリア形成に必要なものとは

0b165bb9b18ca9143edd1aaf95bf5be8_s

ITエンジニアとして希望するキャリアを叶えるためには何が必要なのでしょうか?キャリアプランによって求められるものは当然変わりますが、ただ漫然と仕事をこなしているだけではキャリアに繋がりません。常に将来を意識し、自分自身過大を設定することが望ましいキャリアへの第一歩になるでしょう。

キャリアのための転職

転職というと高い年収や魅力的な労働環境を目指しすものというのが一般的な考えですが、求人の条件が不利であっても将来的なキャリア形成に繋がる仕事であれば転職する価値は十分にあります。

転職を一種の修行期間と割りきれば、年収や待遇などの条件面が魅力にかけていたとしても成長につながる職場への転職をためらう必要はありません。実践的なスキルや専門技術の習得に成功すればよりよいキャリアへの多いなするテップになるでしょう。

かけがえのない人脈

将来的にマネジメント業務を視野に入れるならば、人脈はとても大切な財産になります。プロジェクトのために人を集めるのに人脈は大いに役立ちます。職場でのコミュニケーションは仕事を円滑にすると同時に将来的な人脈作りにもなります。

人脈を築くために転職を重ねるのも無駄ではありません。スキルや技術も大切ですが、人付き合いを大切することもキャリア形成の重要なポイントです。

こちらのコラムも人気です!