文系も多い?コミュ力重視?社内SEの働きかたの特徴

社内SEというキャリア

ddd58a0ff0a4c14d222f1e8d5bbbe536_s

社内SEと聞いてどういった仕事を行っていると想像しますでしょうか。一般的なSEと言えば、システムの上流行程から下流行程まで、さらに言うと、システムの運用や保守まで様々な仕事を行うITエンジニアであることは、容易に想像できます。社内SEは、簡単に言うと、自社のシステムについてSEと同じような仕事を行う職種になります。

自社の業務を把握し、且つ、情報システムに精通している人材を企業は抱えたいと思っているのです。年収は企業によって様々ですが、経営の中核を担う情報システムを担当しているような部署では、年収が一般的なSEの何倍という人材がいるのも珍しくはありません。

社内SEのキャリアとしては、大学卒業と同時に社内SEになる人もいれば、ITエンジニア転職サイトを通じて社内SEになる人もいます。ある企業の社内SEから別の企業の社内SEに転職するケースも少なくありません。それだけ、ITエンジニア転職サイトでは多くの求人が存在すると言えます。

製造業、金融、通信など多種多様な企業が社内SEを求人としていることも事実です。一般的なSEのように、業種に特化しないITエンジニアとしての働き方がある一方で、ある一つの業種に特化してITエンジニアとしての働き方もあります。それが、社内SEというキャリアになります。

社内SEには様々な人材がいる

9196e47d754ba388b2ccac42e62f339b_s

どういった人材が社内SEにむいているのでしょうか。一般的に言われていることですが、最も求められる資質は、やはりコミュニケーション能力になります。さらに、どういった業務を行っているのか、自分の会社の経営がどういった方向に進んでいるのか、そういった企業内の情勢を深く理解する必要があります。

いったいなぜ、こういった能力が必要なのでしょうか。例えば、業務を理解していない人材が社内でシステムを開発した場合、業務側のユーザが使いものにならないとクレームがつくことになってしまいます。情報システムで効率化を計ろうとしたところが、逆に非効率になりかねないリスクが常に危惧されています。

業務を十分に理解したうえで、システムに落とし込むスキルが必要になってきます。さらにいうと、業務側のユーザと対等に話すコミュニケーション能力、要件を正確に把握するヒアリング能力が必要になってきます。また、多くの社内SEは、開発を他社のベンダに委託することがあります。

業務側のユーザから聞いた要件を他社ベンダに正確伝える、さらには、他社ベンダの開発をサポートし、プロジェクトを管理し完遂する能力が必要となります。そういった意味でも社内SEの大部分の仕事は、各ステークホルダーとのコミュニケーションであり、それが欠くことのできない資質となっています。

文系が社内SEとして活躍できるのは、学生時代に交流を盛んに行ってきた結果、洗練されたコミュニケーション能力が活かされることに一つの要因があると考えられます。また、経理や法務など文系の学生が学んだ知識がそのまま社内SEで活かされるケースが多いのも特徴です。無論、情報システムを開発するうえで欠かすことができないITスキルについても理解する必要があります。

文系の学生は、コンピュータの基本的な情報リテラシーは持っていても、コンピュータに関する深い知識、開発スキルを持っていないケースがあります。ベンダと比較しても社内SEでは、情報スキルに関して教育が十分に行われていないことも少なくありません。

しかし、OJTを通じて先輩から社内SEとしての立ち振る舞いを学習したり、社内SEのITエンジニアフォーラムやアウトソーシングによる教育を通じて理解を深めていくことで、社内SEとして立派な人材に育っていきます。

こちらのコラムも人気です!