文系も意外に有利?ITエンジニア転職で求められる資質とは

文脈を読み取る能力も重要

異業種からITエンジニアを目指す場合や、比較的経験が浅い状態で転職を目指す場合に気になるのが文系と理系の違いです。ITエンジニアはプログラムを扱うという職業柄理系が有利と思われがちですが、実際は文系の能力も重要になることは覚えておきたいポイントです。

文系の学部を卒業したことなどが必ずしも不利につながるとは限らないのです。ITエンジニアはただプログラムを組むだけでなく、SEや他の部署の要求などを確認しつつプログラムを組み上げる必要があります。仕様の文脈を読むことや、コミュニケーションから潜在体な要望を読み出すことは非常に重要で、SEの素質の一部にもなっているのです。

高度なスキルよりもコミュニケーション能力が重視される職場があるのもポイントとなっています。開発能力だけでなく、顧客の要望を読み取る能力が新規顧客の開拓や、顧客の満足度アップにつながることが多いため、重点的に文系の人材を募集しているケースも珍しくなくなっているのです。

ITエンジニアの世界は技術力やスキルだけでまわっているわけではなく、現場意識が強く、時代の変化に対応できる人材も必要になります。特に技術の移り変わりが激しいからこそ、吸収能力が高く、コミュニケーション能力が高い人材も重要なのです。

自分の学歴や経歴をコンプレックスに思うより、どのような人材として魅力打ち出せるかが非常に重要になるのです。会社の規模や年収にこだわるのではなく、必要とされる企業や、適正に合わせて転職先を探すのも重要で、長い目で見た時にキャリアにプラスになることもあるのです。

どこまで会社に勤めるかも重要なポイント

ITエンジニアは売り手市場と言われ、人材が不足していることで知られています。人材の確保が難しいことから経営に影響を受ける企業もあるほどで、企業の将来性等も十分に考えて転職先を考える必要があるのです。覚えておきたいのがどこまで会社に勤めるかです。

ITエンジニアはフリーランスに転向する人も多く、退職金まで含めた福利厚生システムを構築している企業は限られます。社会システムの変化や新しい技術の誕生など、世の中の環境が劇的に変わっているからこそずっと同じ会社で働き続けられるかは考えておく必要があるのです。

生涯同じ仕事を続けるつもりでも、環境がそれを許さないケースもあり得ます。会社に言われるままにスキルアップを行うのではなく、自分の将来を見つけて投資する重要性が増しているのです。スキルアップをすることで、より待遇のいい転職先を見つける人もいます。年収アップにつながることもあるため、時代のトレンドを先取りすることや、より収益性の高い分野の企業に転職するのも大切になります。

会社が自分の将来まで保証してくれないことが一般的になっているからこそ、自分からリスクを管理していく意識が重要なのです。スキルアップと合わせて行いたいのが、ニーズの確認です。いざ転職を行おうと思っても、自分の市場価値がわからなければポートフォリオの準備などに時間がかかってしまう可能性があります。転職にはタイミングが重要になるため、事前の準備をしていた方が優位に立てるのです。

売り手市場だからこそ、良い条件の転職には応募が殺到する可能性があり、選考の基準を満たすためのキャリアも重要になります。計画的に行動するためにも転職サイトのエージェントと話すことや、プログラムスキルの習熟度合いを確認するなど日々の活動が重要になるのです。

転職活動ばかりでスキルアップが遅れるようでは本末転倒になる可能性がありますが、バランス配分ができなければマネジメントスキルも磨けなくなってしまいます。より大きな視点で万が一に備えることも重要なポイントなのです。

こちらのコラムも人気です!