漠然と転職するのは危険!ITエンジニアが年収をあげるコツとは

売り手市場だからこそ工夫が重要になる

ITエンジニア市場は売り手市場であり、高度なスキルを持ったSEは高い待遇で迎えられることがあります。一方で、自分の市場価値の見極め方や売り方を間違えると正当な評価を受けられない可能性が高くなります。特に年齢層が高くなれば、自分をマネジメントするスキルも求められるようになるのです。

これは、自分のマネジメントすらできないようではプロジェクトで多くの人員や情報をまとめることが難しいからです。年齢が高くなるほど高いマネジメントスキルを求められるようになるため、漠然とした転職ではなくどの段階でどのような経験を積んでいくかをしっかり考えていく必要があるのです。

30代も半ばを過ぎると実績も必要になってくるため、会社の中で言われるままに業務をこなしていると転職のチャンスや市場価値の向上を望めなくなる場合もあります。プログラミングのスキルを活かせる職場は多いものの、年齢に見合った待遇が与えられる場所は稀です。

SEなどの高度な技術を持った人材は高給をとりやすいものの、プログラマーやスキル不足の人材は評価水準が大分落ちてしまうことが多いからです。ITエンジニアは技術や経験で評価される部分が多く、自分で学んだことが収入に反映されやすい仕事です。自分から仕事をとりに行く姿勢や、新しい分野に積極的に挑む姿勢も重要になるのです。

特にIT技術は流行り廃りが激しいため、今の自分のスキルで生きていけるかは常に考える必要があります。新しい技術の取り込みや、キャリアチェンジも市場価値を上げるポイントになります。技術があれば勝手に相手が評価してくれるという姿勢ではなく、より良い待遇を得るために、より良い企業を探して自分を売り込んでいく積極性こそが大切になるのです。

漠然と年収が上がるわけではない点に注意が必要

ITエンジニアの転職はすぐに年収が上がるケースはほとんどなく、一時的に下がるケースも珍しくなくなっています。プロジェクトマネージャーの経験があるなど華々しい経歴があればヘッドハントもあり得ますが、IT業界も価格競争が進んでいるため人材に掛けるコスト意識が厳しい企業も多いからです。

企業規模が大きくなれば年収も増えやすくなりますが、実際に転職してからある程度実績を見てなど、条件が付く場合がほとんどです。この期間に実績を残せなければ給与も据え置きになるなど、思ったように上手くいかないケースも出てくるのです。大切なのは、自分のスキルがどのように応用できるかを知ることです。

特に社内評価でしか自分のスキルを確認しないのは危険で、市場でどのように使われているのか、どの程度の水準に入るのかはしっかりと把握する必要があります。転職エージェントなどを通じて診断してもらう方法もありますが、ここでもアピールスキルが高いか低いかで年収の目安が大きく変わることがあります。

また、転職エージェントによっても得意分野などが異なることから、正当な評価とは限らない点に注意が必要です。複数の参考値をとった上で目安にした方が良く、どの程度のブレがあるか調べることも大切になります。技術の応用が効く人間であれば、全く別の尺度から評価をして貰える場合があります。

転職後も積極的な提案が可能になります。市場の水準がわかれば、自分の技術を磨いてから転職した方が有利か、技術を磨ける場所に転職した方がいいかどうかの目安もつけることができます。

年収アップとキャリアアップを視野に入れた場合は、今いる環境で続けて次のチャレンジにどれくらい時間がかかるか見極める冷静さが必要なのです。年収だけでなく、有給消化率や福利厚生の改善を求めて転職する方法もあるため、自分の将来設計を含めて検討する真剣さが重要になります。

こちらのコラムも人気です!