私の社内SEへの転職体験記

現在30代の男性です。フリーランスで働いています。

私の社内SEへの転職体験について、以下にまとめます。私は文系出身者でありながら、開発SE(いわゆる一般的にシステムエンジニア)の仕事につきました。その理由は、文系出身者でも「モノづくり」に携わることができる、ということでした。

しかし実際は、楽しいことよりも辛いことの方が多くありました。沢山の噂を聞いていたので事前に覚悟はしていたのですが、予想以上に連日連夜の超過業務で、システムの納期前には徹夜をすることも多々ありました。開発SEの醍醐味である「モノづくり」のためには、延々と出てくる新しい言語や技術などを常にマスターし続けなければいけませんし、そのためには体力面、精神面なども含めて多彩な能力が必要となるので、私自身、「いつまでもできる仕事ではない」と思い、転職を考えたというのが本音の部分です。そこで目を付けたのが社内SEです。

一般的な開発のSEが客先に常駐したり、納期に追われたりといったことで、なかなか激務から解放されない状況にあるのに対し、社内SEはあくまで企業の一員であるということから、そのようなストレスが減ると考えました。また、勿論そのようなネガティブな理由ばかりではなく、それまでの開発経験を活かして、社内システムの構築や運用にやりがいを見出すことができるのではないかという期待もありました。次に、実際に社内SEに転職してみて気づいた点をまとめてみます。

社内SEという職種は思っていた以上に、高度なコミュニケーションスキルが要求されるということが分かりました。システムの設計構築にあたっては、社内でのコミュニケーションに加えて、外部業者などとの折衝や打ち合わせなどもこなさなければいけません。また、突発的なトラブル、例えば自社サーバーがダウンした場合などに迅速に対応できるためのスピード性や、社内ユーザーに向けて適切なアナウンスなどをこなせるフレキシビリティなども必要になりました。

開発SEがどちらかというと「職人」としてのイメージもあり、自分のスキル次第で勝負できる職種であるのに対し、社内SEはこのように高度なコミュニケーション能力が要求されるので、あくまで企業の中の一員であり、「職人」というよりは「組織人」と形容した方が良いのかもしれません。その代わり、開発SEと違って安定性はバツグンなので、開発SEから社内SEに転職する(したい)例はあっても、その逆はあまりないのではないかと思います。このような意味で、社内SEへの転職は結構ハードルが高いのではないかと思います。

こちらのコラムも人気です!