女性のITエンジニアとしての転職

女性のITエンジニアは増加傾向にあり、男性と同じ仕事ができるのでやりがいもあります。エンジニアとして資格を取得できるので専門的な技術者として働くことができます。ITエンジニアとしてデータベースを扱う仕事をしていたので、障害対応など急にカスタマーから連絡が来ると対応しなければなりませんし、業務は深夜に及ぶことがありました。

障害状況をしっかりと確認した後に減少を再現することになります。その環境構築から障害の内容まできちんと解析が必要なため、一つ一つ紐解いていかねばなりませんし、専門的な知識が必要になり、業務はかなり遅くまで行うことになるため、きっちりと定時に帰宅するのは難しくなります。家庭を持っているとデータベースエンジニアとして働いていると、家庭のことができず両立が厳しくなるため、やはり家族の協力が必要になりますし、サポーターなど必須になります。

子供がいる場合、仕事との両立は厳しくなるため、もう少し働きやすい仕事へ転職を検討するようになります。データベースエンジニアと家庭との両立が厳しくなり、転職活動すると短時間でも勤務可能な仕事があり、女性もかなり働きやすくなっていることがわかりました。

データベースはOracleを扱っていたので、データベース構築や障害対応など経験があると転職にも有利になり、また女性エンジニアを多々採用したいという企業も多く、短時間勤務ができるので転職することにしました。以前は障害対応などで遅い時間まで勤務することもありましたが、短時間勤務ができるので保育園へ子供のお迎えに行けますし、家庭との両立ができるのでとても助かりました。Oracleのデータベースは様々な会社でデータベースとして扱っているので、操作できたり分析できると重宝されます。

ITエンジニアは仕事でデータベースを扱うことも多いため、女性でデータベースができると貴重な存在になり転職活動もスムーズにできるので、希望に近い職場で働くことができエンジニアとしてのスキルを伸ばすことができるので、理想的な職場へ転職することができました。

転職は、ITエンジニア専門で転職紹介しているエージェント会社があり、そこへ登録しておくと保持しているスキルや資格、働き方など希望に近い仕事を紹介してくれるので仕事しながら転職活動ができ、スムーズに行えます。子育てと仕事を両立したいITエンジニアが希望にあった働き方ができるようになります。

こちらのコラムも人気です!